ネットショップ運営で特商法の内容を確かめる必要性

   2021/09/06

安心して取引をするための基本的なルール

ネットショップの運営は商品を売って利益を出す方法で、不用品やハンドメイドのものと現金を交換する仕組みです。
しかし、勝手に運営することは不可能で、ネット上の取引になるため安心して利用できる環境を作る必要があります。

特商法は消費者庁が消費者トラブルを防ぐための基本的なルールとして定め、内容をきちんと理解し相手に信用してもらえるようにすることが大事です。特商法は特定商取引法とも呼ばれ基づく表記を記載すると信用度が上がり、ライバルとの競争に勝ち抜けるようになります。

特定商取引法に基づく表記は利用者が安心して取引ができるように記載し、リピーターを増やせば安定して利益を見込めて効果的です。ネットで取引をするときは対面ではなくトラブルが発生しやすいため、ルールが設けられていることを理解する必要があります。

どのような内容なのか理解しよう

特商法はネットショップであれば販売者の名前や住所、連絡先を明記し、商品の購入や販売、返品交換に関する情報をきちんと明記する必要があります。
広告の表示は事業者の名前または名称、住所、電話番号などをきちんと記載し、安心して利用しやすい状況にすることが大事です。
誇大広告は商品を売るためには魅力を伝えるために行われますが、その場しのぎになることを理解し正確な情報を伝えないと信用を失い逆効果になります。

そのほか、代金の前払いにすると承諾をしてもらい、問題があればすぐに返金ができるよう約束をすることが大事です。また、勝手に契約をすることや勧誘をする行為も禁止され、相手に迷惑をかけないよう責任を持って取引をする必要があります。

セールスライティングのコツをつかもう

ネットショップで商品を売るためには魅力をうまく伝える必要がありますが、誇大広告は信用を失うためリピーターがつかなくなります。売上を伸ばすためには口コミなどで拡散されやすく、トラブルがあれば悪評が広がると認識して正確な情報を伝えることが大事です。

特商法は双方が安心して取引をしやすくするために消費者庁がガイドラインを設定し、きちんと内容を把握して信用を強化できるようにするとやりがいがあります。
セールスライティングは商品の魅力をうまく引き出し、メリットを確かめてより多くの人に興味や関心を持ってもらえるようにすると効果的です。
このため、利用者のニーズを確かめて売る商品を決め、リピーターを増やせるようにすると利益をコンスタントに出せるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket